5月28日土曜日タウン
雨の季節がやってまいりました。
雨の季節といえば、何年か前に梅雨の季節になるとママが帰ってくるっていう映画が流行りました。
当時のわたしはどんな映画を観ても絶対泣かないという意味不明なプライドを持った人間でしたが、不覚にも映画館で涙を流してしまったのを覚えております。邦画で泣かされたのは後にも先にもこれが最後になってしまうのでしょうか。邦画がんばってほしいとこです。

土曜日タウン。主な相手はBrotherhood、VIP、Zepher。


開始前、先週はアシュケルンで放置だったので、ひさびさのタウンだーとワクワクしながらウォーシップゾーンに浸入した瞬間、Brotherhoodの人の多さに愕然。端っこで申し訳なさそうに固まって半欝状態のエンドメンたち。
エンドはいつもAスタートというのがバレているのか(バレてますよね)、開始直前は軽く結界合戦になってました(´・ω・`)Brotherhoodダン多すぎこえーよwwww
スタートしてAのベースを取りにいった瞬間、浮かび上がったBrotherhoodもちさんの結界で再びビビる。

序盤~中盤はベース最優先で動いていたけど、どんどん離されてBrotherhoodが800点くらいリードし、VIPとエンドが追いかける展開がずっと続きました。
中盤以降はBrothehoodとVIPの戦闘に割り込んだり、移動中の軍勢を後ろから追撃したりして残り15分辺りでやっと逆転。
それでもラストまで全然気が許せず、緊迫した状態が最後まで続きました。
ラストはベース1個での勝利でしたが、どこが勝ってもおかしくなかった気がします(´・ω・`)
d0128309_0495274.jpg

個人的な動きとしては、妨害ウィズに警戒しながらスピシは8割方HB破壊に費やし、攻撃スキルでキルできない相手には手を出さないことを徹底してました。
途中智将アルファが鯖落ちした場面では、待ってましたと言わんばかりに平日WBで鍛えた指示スキルを如何なく発揮。敵のいない場所に集合させてバフ待機させるというイケメンプレイを披露。

戦闘で印象深かったのは、Darkmikuさんが知ウィズでVIPからキル取ってたことと、Zepherの知DKがガンガン狙ってきてたということでしょうか・・・。
レンとテンが二人ずつしかいなかった分、プリが3人いてオルマが常にもらえたり全PTがオブリ状態で戦闘入れたりと、支援職の火力を支えたり妨害を封じたりしたりといった働きも光っていた気がします。
正直興奮してあんまり覚えてませんがw
d0128309_1114643.jpg

結果はこんな感じ。
今後は、というか次回はさらにBrotherhoodが力をつけてくると思うので、エンドが喰われる日も近いですね。。。
でもこれくらい均衡した展開のタウンは最高に面白いですねw
参加された皆様おつかれさまでした(`・ω・´)
[PR]
by wingfoot_lessca | 2011-05-30 01:30 | 連合鯖
<< DEADALIVEとPVPイベ... ジエンドさんちのWB事情 >>